2017.06.12 | | 実写とアニメーション はコメントを受け付けていません。

実写とアニメーション二つの動画タイプに関してご説明しましたが、これらを利用して企業の説明する動画の制作も可能です。企業説明というと、インターンや企画の持ち込みなど真摯さや真面目さが目立つものをイメージしがちですが、これらのアニメーションや実写の動画を作成することで、ポップさやリアリティのある身近な印象を持つ説明が可能となります。

特に、新しい技術やIT関連のシステムなど、ご高齢の方には馴染みの少ない分野の企業であっても、CMにアニメーションを起用することで、興味を引き企業のメリットを理解してもらえるきっかけづくりにもなります。これまでとは異なった売り込みかたができるのも、動画という分野が持つ自由性が奏でる部分といえるでしょう。

他にも、SNSなどに掲載する動画広告などに、転職サイトなどで実際にサイトを利用し転職した人が出演する実写CMを作成すれば、視聴者がそのサイトを利用した後の人生の展開イメージを抱きやすくなる足がかりになります。また、動画制作業者はインターネット上のSNSやアプリ、動画投稿サイトなどへのCMの掲載の経験とノウハウがあるので、より制作費用を他分野へ分配しつつ経済的で効果的な動画制作依頼ができます。

2017.06.09 | | 実写動画のメリット はコメントを受け付けていません。

前述でアニメーションを使用した動画の説明で実写動画を引き合いに出しましたが、実写の動画制作にももちろん多くのメリットがあります。

まず、アニメーションはデフォルメされシンプルな映像であることがメリットとして挙げられましたが、実写の場合を考えるとその真逆で、リアリティが豊富な映像を制作できます。そのため、視聴者はより身近に感じることができ、リアリティがあるからこその迫力の説得力を得られたりします。

そのため、美術館や博物館の展示など、リアルで精巧な美しさを視聴者に伝えたい場合や、田園風景や温泉などロケーションが魅力である地域のプロモーション動画や、知る人ぞ知る名ラーメン店の、湯気のくゆるおすすめラーメンの紹介動画などの制作などにも活用されています。

また、最近では流行りの”ドローン”を使用した動画などの制作も行われています。ドローンとは、ラジコン飛行機のような遠隔で飛行操作が可能な小型で無人の航空機のことで、大きさは手で抱えられるほど小さいのですが、海外のショッピングサイトでは配送の方法として利用され始めています。そのため小型のカメラを搭載し、今まででは撮影するのにとても機材費や人件費がかかってしまっていた上空からの撮影が可能となりました。また、従来は不可能だった渋谷のスクランブル交差点のような人混みの上を飛行するような映像の撮影の可能性もゼロではなくなっています。

2017.06.08 | | アニメーション動画 はコメントを受け付けていません。

これから先は、多く制作されている動画タイプごとに、それぞれの動画にどのようなメリットがあるのかについてご説明します。まずアニメーション動画に関してですが、このタイプは動画制作業界の中でももっとも多く採用されているタイプの一つです。

その主な理由として、アニメーションは”絵”によって抽象的であるものや、デフォルメされた世界を表現することができます。ものの例えや、実際に現実世界ではイメージが作りにくいものなどの比喩表現を得意としています。また、逆にリアリティがありすぎるとショッキングであったり、視聴者に抵抗感を与えてしまうようなシリアスな物事や、現実的にはグロテスクさを伴う事象の説明にも適しています。

そのため、アニメーションは”楽しさ”や”暖かさ”のような形のない事象に関する商品や、まだ具体的なイメージや姿を持たないアイディアの説明などに適しています。また、疾病の起こるメカニズムや解剖学的な映像を一般の方に説明するときにも衝撃の大きな絵面をぼかすことができるため、役に立ちます。

また、現実世界の映像を撮る実写動画と違って、アニメーションであれば必要な要素だけを取り出して、視聴者の理解の妨げとなってしまう可能性のある部分を除くことができます。そのため、すっきりと簡略化した理解しやすい形で商品などの持つイメージを表現することもできます。

他にもアニメーションは、実写動画と違って制作する際に撮影を行う必要がないため、撮影や照明を行うための機材を準備したり、撮影費用を手配したりする必要がありません。さらに、人件費もより少なく制作することができます。そのため、制作コストをより抑えることができ、経済的であるといえます。

2017.06.07 | | 動画制作会社だからこそ生きる、動画の持つ威力 はコメントを受け付けていません。

近年動画投稿サイトに投稿されたミュージック動画が世界中で再生され、一躍有名な億万長者になったというアメリカン・ドリームが実際に起こっています。また、動画投稿サイトには何百万もの動画が投稿され視聴者は世界中に何億人と存在しており、動画が人々に与える影響はとても大きなものになりつつあります。

スマートフォンの登場とともに急速に人々に浸透したIT文化は、スマートフォンアプリや動画投稿サイト、SNSといった形で我々の身近な存在になっています。ほんの数秒間のものであっても絵や文章より情報量が多くても理解がしやすい動画は、現代における宣伝広告の主力であると言えます。

近年、スマートフォンの普及から、生活の至るところで動画を目にします。
確実に動画の用途は、数年前よりも増えてきております。
Web動画の普及により、言葉を超え、より世界へ”伝える”ことが簡単になりました。
動画の使い方は記事コンテンツのように、制作頻度が益々増えていくでしょう。

引用元:動画制作業者 – ムビラボ

テレビコマーシャルより費用や時間をかけずに制作できる動画広告ですが、とはいえ作成するには専門の高い技術やノウハウが必要となります。動画を作成しようと思い立っても専用の機材や動画編集ソフトが必要な場合も多く、また素人よりプロフェッショナルに制作を依頼した方が、質やデザインなどより満足度の高いものが期待されます。それに何よりもまず何から始めればいいのか、どのような動画を作るのか、未経験者には企画の段階から大きな壁が立ちはだかっています。そのため、動画制作会社へ依頼するのが一般的です。

では、動画制作業者ではどのようなサービスを提供しているのでしょうか。動画制作業者では、文字通り主に依頼された動画の制作を請け負っているわけですが、その動画にも実は種類が色々と存在します。例えば、アニメーション動画、実写動画、アニメーションと実写の合わせ技、3D技術も取り入れた動画、などなど。ここの表現方法によって、動画のテイストやニュアンスは大きく変わってきます。